ひろし虫の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS フェブラリーステークス 結果

<<   作成日時 : 2009/02/22 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

いいレースでしたね。


【フェブラリーS】サクセスブロッケンV カネヒキリは3着
2009年2月22日(日) 15時48分 サンケイスポーツ


 22日、東京競馬場で「第26回フェブラリーS」(GI、ダ1600メートル)が行われ、内田博幸騎手騎乗で6番人気のサクセスブロッケン(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が直線で外から鋭く伸び、カジノドライヴ、カネヒキリとの叩き合いを制し1分34秒6のレコードタイムでGI2勝目をあげた。


 サクセスブロッケンは父シンボリクリスエス、母は02年のフィリーズレビュー(GII)を勝ったサクセスビューティ(母の父サンデーサイレンス)。牡4歳で栗東・藤原英昭厩舎所属。通算11戦6勝、2着1回。重賞は08年ジャパンダートダービに続いて2勝目。

 2着は安藤勝己騎手騎乗で3番人気カジノドライヴ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、3着はC・ルメール騎手騎乗で史上最多のGI8勝目を狙った1番人気カネヒキリ(牡7歳、栗東・角居勝彦厩舎)。昨年の覇者で2番人気のヴァーミリアン(武豊騎手)は6着に終わった。

 レースは、サンライズバッカス(三浦皇成騎手)が少し出遅れたものの、ほかはキレイにそろったスタート。大方の予想通りエスポワールシチー(佐藤哲三騎手)がハナを奪い、すぐ後ろに注目のカジノドライヴ、さらにフェラーリピサ、そして1番人気カネヒキリが前をマークする展開。

 直線、逃げるエスポワールシチーに楽な手応えで襲い掛かるカジノドライヴ。そこに間を縫ってカネヒキリが先頭をうかがうが、なかなか捕らえきれない。そこへ外から内田博幸騎手の豪腕とともにサクセスブロッケンが猛追。最後はカネヒキリ、カジノドライヴとの叩き合いとなったが、クビ、アタマ差でサクセスブロッケンが混戦を制した。

 なおタイムは、メイショウボーラーが圧巻の逃げで05年にマークした1分34秒7を上回る1分34秒6のレコード。

 払戻金は単勝が2060円、枠連は(7)−(8)で1490円。馬連は(14)−(15)で4710円、馬単は(15)−(14)で1万4070円。3連複は(2)−(14)−(15)で5730円、3連単は(15)−(14)−(2)で5万7720円。ワイドは(14)−(15)が1700円、(2)−(15)が1180円、(2)−(14)が450円。

(レース結果はJRA発行のものと照合し確認して下さい)





◎ バンブーエール(問題外)
○ エスポワールシチー(4着)
▲ カネヒキリ(3着)
△ フェラーリピサ(5着)

と、馬券の方はさっぱりでしたが、ゴール前の3頭の競り合いは熱かったですね。

サクセスブロッケンはこれまで使ってきた上積みが花と咲きました。逆にカジノドライブはドバイが楽しみになってきて、その先の秋ごろには、この着順は逆転するほどの開花を魅せるような気がします。今回はおそらく8分程度でしょうし、本格化したら、日本最強馬となるような気がしますね。カネヒキリの8冠はなりませんでしたが、意外とその8冠を達成してしまうのは、秋以降にこのカジノドライブがやってくれるような??どうでしょうか。


まあ、しかし・・・馬券がサッパリですわ。絶不調です。昨日の重賞2つもハズレ、当たっても安い馬連しか取れず・・・。大きいのがまったくありません。


でもスタイルは変わんないんで(笑)。単勝1倍台でも30倍でも、自分が思ったら本命。そして基本、調教論者のスタイルで(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第26回 フェブラリーSの予想結果
 6番人気のサクセスブロッケンが直線で外から鋭く伸び、1分34秒6のレコードタイムで優勝。 ...続きを見る
アミューズエイド
2009/02/22 18:51
[9連敗]レコードで 4歳馬が 砂の王!「フェブラリーS」(観戦記)
■大接戦  7歳の砂王世代が勝つか!?  それとも若い4歳馬が勝つか!? この戦... ...続きを見る
連敗爆進王の競馬放浪記
2009/02/22 21:15
「後ろの馬は出番なし」、フェブラリーSなど結果と回顧
カネヒキリが史上最多のG1格8勝目を目指したフェブラリーSでしたが最後に差しきったのはサクセスブロッケン。 ...続きを見る
CW馬なりにて歩む
2009/02/22 21:42
7歳2強敗れたり!フェブラリーSはブロッケン&カジノの4歳馬ワンツーフィニッシュ!
2009年最初の中央競馬GIレース、春のダート王決定戦・第26回フェブラリーステークスが22日、東京競馬場で行われました。今年はダイワスカーレットが2009年の初戦に使う予定だったんですが、浅屈腱炎で回避→引退ということになりました…。今年は、GI7勝の?カネヒキリ、昨年の覇者・?ヴァーミリアン、2007年優勝馬・サンライズバッカスの過去3年のフェブラリーSの勝ち馬が揃いました。もちろん勝てば史上初の同レース2勝目です。7歳2強に待ったをかけるのは、3歳ダート王・?サクセスブロッケン、ドバイ... ...続きを見る
日刊魔胃蹴
2009/02/23 14:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
直線は本当に興奮しました!
エスポワールシチーはよくがんばりましたよね。
できれば、スカーレットの姿も見たかったですねぇ。
さっと
2009/02/22 20:49
さっとさん、こんばんは。
エスポワールシチーあと一歩のところでした。この馬もこの先が楽しみですね。
ダスカ出走していたら、どうなっていたでしょうね?ちょっと展開が替わって、自分の本命バンブーの台頭が・・・ないですね(笑)
上位勢が強すぎました(笑)
ひろし虫
2009/02/22 22:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
フェブラリーステークス 結果 ひろし虫の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる