ひろし虫の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 水島新司 作品その20 一球さん

<<   作成日時 : 2005/12/19 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
投げる、一球。
打つ、一球。
そして・・・・・
追う、一球。

燃える球児たちのその胸に刻まれた、
「一球入魂」の四文字・・・・・
勝っても、負けても、
一球にかけた青春の日々は、

球児たちにとって、
そのすべてが
栄光なのである・・・・・
     (一球さん 第1巻より)


真田一球は忍者の末裔。野球をまったく知らない一球は高校野球の名門、巨人学園の野球部監督、岩風に誘われ巨人学園に転入する。
巨人学園の野球の名門意識を払拭するために岩風監督は神宮大学との練習試合で、一球さんとともに転入した野球三球士の堀田、一角、司とともに野球素人の一球をレギュラーに起用する。
その後エースの大友やナインの反発にあい、彼らは野球部を辞めてしまう。残された一球さんは・・・・

「男どアホウ甲子園」の後、少年サンデーに連載されたこの作品には、男どアホウ甲子園のキャラクターが多数登場する。岩風監督こと豆タンも藤村甲子園の恋女房。

昭和50年 少年サンデー
小学館 全14巻

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
漫画・アニメ
当サイトからこちらのブログへリンクをはらせて頂きました。〔blolog〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集しています。ブログを書いた時には、お気軽にトラックバックして下さい。お待ちしております。 ...続きを見る
blolog〔コミックトーク〕
2005/12/20 01:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
水島新司 作品その20 一球さん ひろし虫の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる